Client:徳島文理大学 電子出版研究会 様

Project:電子書籍『世界薬学探訪記〜  日本の薬学、薬剤師はどう変わるべきか?』(Amazon で発売中 *Kindle Unlimited )http://tiny.cc/t8fv9y


WEB & COPY design担当パート:

■原稿の編集
■制作(Amazon Kindle仕様に原稿を調整)
■表紙デザイン


【制作概要】
複数の執筆者がそれぞれの形式でまとめた視察レポート原稿を整理、編集し、1冊の電子書籍としてAmazonで販売するお手伝いをさせていただきました。世界の薬学教育をリードする国々のようすがわかる貴重な1冊です。表紙デザインもお任せいただいたので、古代ギリシアの医者、薬理学者、植物学者で、「薬理学と薬草学の父」といわれるペダニウス・ディオスコリデスの肖像画を配置しました。

通常の書籍の3〜4冊分ほどのボリュームがあり、トータルの文字数は30万字以上になる労作です。画像も豊富に掲載されています。この本を構想し、編者をつとめられたのは元東京大学副学長で徳島文理大学名誉学長の桐野豊先生です。電子書籍は2部構成になっており、第1部では、桐野先生の解説により各国の教育制度の違いや薬学教育の特色などがつかめる構成になっています。第2部は、各国のレポートです。松山大学の松岡一郎教授をはじめ四国内にある大学で薬学教育に携わる先生方が執筆されています。

編集の進行はすべてオンラインで行い、ビジネスチャットを活用しながら編集の方向性や改善点などをうかがいつつ進めていきました。

同書には、病院や薬局で活躍する海外の薬剤師のようすなどが伝えられており、薬学教育関係者や薬学部の学生のみなさまにとって興味深い内容になっているのではないでしょうか。海外視察の前にさらっと読んでおいても役立つと思います。非常に具体的な記述も多く、画像や図表が理解を助けてくれることから、各国の事情がよくわかります。

AmazonのKindle Unlimited を契約している方は無料で読めます。